S__31514655_edited.jpg

​「遊び」で英語も運動神経もぐんぐん伸びる!

English

&

CooRdination Training

​「遊び」で英語も運動神経もぐんぐん伸びる!

体を使って一緒に遊ぼう!自然に英語が飛び出すよ!!

ENGLISH
PLAY
CLUB
TEAMO

Elementary class 小1小2クラス​

Kindergarten class 年中年長クラス

​NEW!!4月開校!
アセット 12.png
アセット 11.png
アセット 3.png
アセット 2.png
アセット 1.png

​こんなパパ&ママ、キッズにピッタリなスクールです

チェックボックスアイコン.png

子供に英語を習わせたい

チェックボックスアイコン.png

子供の運動神経を伸ばしたい

チェックボックスアイコン.png

​何かスポーツをやらせたいが、子供は何が好きなのか、何に向いているのかまだわからない

チェックボックスアイコン.png

子供の「楽しさ」を優先したい

チェックボックスアイコン.png

​複数の習い事を掛け持ちするのは大変

TEAMO ENGLISH PLAY CLUBは、

子供が夢中になる楽しい遊びをしながら、英語も運動神経も同時に伸ばします!

​忙しい方には、複数の習い事をするより時間もお金も効率的です

S__31514637.jpg

楽しさがもたらす学習効果

TEAMO ENGLISH PLAY CLUBは外国人講師が英語でコーディネーショントレーングを行います。「遊び」と「学び」は相反していそうで、実は効率よく能力を伸ばすには共通した要因があります。それは「楽しい!」と思ってやること。私たちの第一のポリシーは子供たちを笑顔にすること、その先に効果が生まれるという信条です。子供たちが運動と英語を好きになるように楽しい仕掛けをたくさんします。子供たちはだれしも走ったり跳んだりが大好きです。そうしている間は脳が活性化され、ものすごい集中力を発揮します。お子様の生涯を通じた英語体験のベースになるでしょう。
 

S__31514652.jpg

楽しさがもたらす学習効果

TEAMO ENGLISH PLAY CLUBは外国人講師が英語でコーディネーショントレーングを行います。「遊び」と「学び」は相反していそうで、実は効率よく能力を伸ばすには共通した要因があります。それは「楽しい!」と思ってやること。私たちの第一のポリシーは子供たちを笑顔にすること、その先に効果が生まれるという信条です。子供たちが運動と英語を好きになるように楽しい仕掛けをたくさんします。子供たちはだれしも走ったり跳んだりが大好きです。そうしている間は脳が活性化され、ものすごい集中力を発揮します。その効果を使って、もう一つそこに英語の要素を入れます。すると子供たちの英語への耳の方向け方、記憶の仕方が明らかに違いが出ます。それは、外国人コーチが説明する遊びのルールを理解したいと思う気持ちがあるからです。これを理解したら楽しいことが待ってる、と思うワクワク感が子供の「知りたい、理解したい」欲を刺激します。英語学習をスタートしたばかりの子供が、コーチの話す英語を理解できないのは当然のことですが、説明がわからなかったとしても、ゲームがスタートすれば子供は動き出します。そしてやっているうちに「こういうことね!」と自分で理解します。自分の身をもってルールを理解した時に、そこで繰り返し耳にする英語と自分の動作が一致し、言葉の意味を自分のものにします。ここでの楽しい経験に基づく英語は色濃く頭に残り、お子様の生涯を通じた英語体験のベースになるでしょう。

子供にとっては遊び。

なのに 運動神経をぐんぐん伸ばす

メソッド満載!

コーディネーショントレーニングとは?

お子さんの動きを見て、どこかぎこちないな、とか、運動神経悪いんじゃないかな?と感じたことはありませんか?運動神経は遺伝だから仕方ない・・と思っている方がいましたら、それは間違いです!ドイツ発祥のコーディネーショントレーニングは、運動神経は経験で伸ばすものとされています。神経の発達が著しい4歳~12歳までに、様々な運動を経験し、たくさんの神経回路を使うことで、運動能力は鍛えられます。ドイツの体育の授業でもベースになっているこのコーディネーショントレーニングは、欧米アスリートが幼少期に「遊び」としてほとんどの人が経験しています。​そう、コーディネーショントレーニングの最大のメリットは子供は遊び感覚のできるというところです。また、子供が思い切り体を使った遊びができる環境が減っている昨今、世界的な子供の運動能力の低下が指摘されています。35年前は、毎日3時間あった外遊びの時間は現代は1.5時間と約半分に減っています。これは核家族化や、ゲームの普及、治安や環境の変化などによるものですが、昔の外遊びには木登りや、塀などの高いところから飛び降りたりなど、運動神経を鍛える要素がたくさんありました。現代の子供たちは、遊ぶ時間と環境が減ったことで、幼少期に体験すべき、大胆に体を使う遊びの機会も大幅に減ってしまっているといえます。

TEAMO ENGLISH PLAY CLUBでは、子供たちが夢中になれる遊びに様々な神経トレーニング要素を織り交ぜ、運動神経をぐんぐん鍛えます。

S__31514637.jpg
S__31514640.jpg

今よりもっとグローバルな社会で大人になるキッズたちが身に付けるべき

国際感覚って?

TEAMO ENGLISH PLAY CLUBで採用する外国人コーチは、ネイティブであるかどうかは重要視していません。(もちろん母国語と同レベルで英語ができることはマストです)英語を勉強するなら、ネイティブの先生のほうがいいのでは?と考える方もいると思いますが、ネイティブってどこのことでしょうか?イギリス?アメリカ?オーストラリア? 英語を母国語とするそれぞれの国にはそれぞれのなまりがあり、アクセントはみな違います。近年の日本の世界進出している企業数は、1位中国、2位アメリカ、3位インド(平成30年/外務省 海外在留邦人数調査統計)となっていて、この上位に進出している世界中の企業では、英語かもしくは現地の言葉を使って仕事をしています。そこでは様々なカルチャーの中で育ってきた多種多用な人々が混在し、同じ英語を話してもアクセントや発音の違いなどもあたりまえの環境にあります。そんな人たちが協力して同じ目標に向かいプロジェクトを進めることになるのです。日本人なら日本のなまりを持っていて当然ですが、現代での国際人が必要なのはきれいな英語より伝わる英語、そして相手へのリスペクトと協力する気持ちです。世界には様々な国がある。その多様性を受け入れ、尊重しつつも、自分の価値観をきちんと持ち、表現できる人であること。TEAMO ENGLISH PLAY CLUBではそれが、国際社会で生きる子供たちが知っておくべき最も大切なことだと思っています。多くの国の人々と仲良くできるコミュニケーション能力は、将来の仕事に限った話ではなくて、子供たちの今、日本人同士のコミュニケーションだって役に立つと思いませんか。

Our Coachs

TEAMO ENGLISH PLAY CLUBでは、子どもたちに多様性を感じてもらうため、ネイティブに限らず多国籍の先生が在籍しています。
(英語がネイティブレベルでできることはマストとしています)
世界中にたくさんの人種、文化、イントネーションが存在することを普通だと受け入れ、仲良くできるコミュニケーション能力を育てて欲しいと思っています。

コーチたちは、​英語のレベル、国際社会でのキャリア、スポーツの経験も素晴らしいですが、何より子供が大好きで教えることに情熱を持っているコーチたちです。

20210515_161346_edited.jpg

Instagram